呼吸できていますか?

4月にはいり新しい環境に進んでいる方も多くいらっしゃると思います。

 

環境が変わるということは、人間にとってはストレスを感じやすいということでもあります。

 

身体がストレスを感じるといくつかのサインが現れます。

 

お腹(おへそのわきにある腹直筋)が固くなる

胃の周りが固くなり、胃もたれや消化不良、食欲減退を感じる

常に深い呼吸ができていない感じがする

背中を丸める動作が苦手になる(肋骨の前側を上手に閉じることが出来ない)

視野が狭くなる(目の動きが緩慢になる)

胸中心で呼吸をする

眠りが浅い

 

など、人それぞれ少しずつストレスの影響は違いますが、小さな変化を感じます。

ストレスは自律神経の乱れもうみます。

上に書いたような状態は、交感神経を優位にし、身体が常に緊張状態で生活を強いることになります。

緊張した身体(固く張った筋肉)は、筋肉の細胞である筋紡錘の一種である錘内筋と錘外筋の影響により、交感神経をさらに優位にするというサイクルに入ります。そうするとリンパの流れや血流を低下し、体調が不安定になるという連鎖へと向かいます。

 

大切なのは、身体の声を聴いて、緊張している場所を少しずつほどきながら、さらに呼吸がよりよくできる骨格へと誘導して動きながら整えていくことです。

 

Kyoto MBM Laboでは、皆様一人一人の身体の状態を確認しながら、より快適なカラダとココロを手に入れるお手伝いをしています。

少人数でのグループレッスンそしてプライベートレッスンの両方がございますので、ぜひストレスの影響を受けない体つくりにいらしてください。

 

written by 山本邦子